荒木梨奈の【懸賞生活】と【日常生活】

懸賞情報がメインで、ときどき一児のママとしての日常生活も書いていきます。皆で懸賞当てよう!!コメント励みになります♪♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

【はがき懸賞】極上ふぐ、醤油、招待券などを24人〆2/11

神楽坂さくらい「極上ふぐ三昧コース」(1組2人に)

応募する

旬の食材が心を込めたおもてなしで楽しめる懐石・会席料理「神楽坂さくらい」(JR飯田橋駅徒歩6分、Tel.03・5579・8151)。同店の2月限定おまかせメニュー「極上ふぐ三昧コース」(1万800円)に1組2人を招待する。

 献立は、ゼラチン質の高いふぐ皮を梅肉であえた「ふぐの昆布〆」や「ふぐ皮のサラダ」、ふぐの骨付き身を香ばしく焼き上げた「ふぐ焼き」など一の膳から七の膳まで。締めはふぐの粗身を昆布のだし汁に入れ、土鍋で炊き上げた「ふぐ飯の土鍋炊き」。旬のふぐをさまざまな料理法で楽しめる。おまかせメニューは、内容を毎月変更して提供している同店の人気メニューだ。 オープンから3年目を迎える同店は、素材本来のおいしさを追求する料理が評判で、ビジネス客やシニア層の利用が多い。

 

川中醤油(株)の調味料ギフトセット「瀬戸内之景」(10人に)

広島市が地元特産品の中から特に優れたものを認定した「ザ・広島ブランド」。同ブランド認定品「芳醇天然かけ醤油(しょうゆ)」などを製造する川中醤油(株)(広島市、Tel.082・848・0008)は、同商品を含む調味料ギフトセット「瀬戸内之景」(5本入り、3240円)を10人にプレゼントする。
 セットの内訳は、① 広島檸檬ノンオイルドレッシング ② 芳醇天然かけ醤油 ③ 一番搾りすだちぽん酢 ④ 瀬戸の白だし ⑤ 牡蠣だし醤油(各200ミリリットル)。

 1906(明治39)年創業の同社。100年以上にわたる醤油造りのほか、ぽん酢などさまざまな調味料も製造している。「瀬戸内之景」は、レモンやカキなど瀬戸内の味覚を取り込んだ、同社自慢の調味料セットだ。鍋や冷ややっこ、サラダ、麺類など、さまざまな料理に重宝する。

 

「ラファエル前派の軌跡展」招待券(6組12人に)

19世紀英国美術の名品を紹介する「ラファエル前派の軌跡展」は3月14日(木)〜6月9日(日)、三菱一号館美術館(JR東京駅徒歩5分)で開催される。一般当日1700円(前売り1500円)。同展の招待券を6組12人に。

 1848年に結成されたラファエル前派同盟は、英国美術の刷新を目指して活動。美術批評家のラスキンは、その精神的な指導者といわれる。ラスキンの生誕200年を記念した同展では、ロセッティやハント、ミレイらラファエル前派の画家に加え、ターナー、バーン=ジョーンズやモリスらの作品を合わせ約150点を公開。展覧会の問い合わせは Tel.03・5777・8600

 

日本野鳥の会Presents朗読コンサート「道」招待券(10組20人に)

日本野鳥の会は3月8日(金)午後7時、紀尾井ホール(JR四ツ谷駅徒歩6分、Tel.03・3237・0061)で「日本野鳥の会Presents朗読コンサート『道』」を開催する(全席指定2500円)。同公演の招待券を10組20人にプレゼントする。

 今年、創立85周年を迎える日本野鳥の会。同会はこれまで野鳥や自然がテーマのオリジナル音楽作品を制作しており、今回は新作公演。新作「道」は10編の詩文と楽曲から構成。楽曲は作曲家大島ミチルの書き下ろし。詩文・朗読は同会事務局長代理・会員室長の安藤康弘が担当する。演奏はオーボエ渡辺克也、ハープ:早川りさこ、松井久子。

 また、同会の柳生博会長も出演する。同会は、野鳥とその生息地を守る保護活動のほか、自然の大切さを知ってもらう普及活動も行っている。

 

 

【応募方法】
希望者は、ハガキに希望商品名・〒住所・氏名・年齢・職業・TEL・紙面への意見感想を書き添えて、下記までお送り下さい。
  〒103-0024
  東京都中央区日本橋小舟町6番3号 日本橋山大ビル3階
  (株)新聞編集センター 「定年時代」編集部